半導体パーツ

一定の規格に従った製品を大量生産するのに離型剤は必須の存在

工業製品の一つの特徴は、全く同じサイズ・形の製品が沢山あり、消費者は、同じ規格の製品であれば、どれを買っても、その製品を使う目的を果たすことが出来るということです。このようなモノづくりが可能なのは、成形で使用される金型と離型剤のお陰です。
同じサイズと形のものを作ることについては、型を使って作るカップケーキのことを想像してみればイメージしやすいでしょう。工業製品の場合は、金型がカップケーキのカップの役割を果たしています。しかし、型取りした段階で、同じ形とサイズのものを作ることができても、その次の段階でそれが台無しになることも十分考えられます。それは、型から中身を取り出す時です。カップケーキから中身を出すとき、ケーキの一部がカップに付着して、それを無理やり剥がすとどうなるでしょうか。ケーキの形が全部バラバラになり、食べられる部分が減ってしまいます。工業製品においても、離型剤を使わないと、このようなトラブルが起こります。本来あるべき姿の一部が欠けた商品が大量に出来てしまい、どれもこれも製品として目的を果たすことが出来ない形になってしまうのです。離型剤は、製品の形を壊さずに金型から外すためのサポートをしてくれます。特に、フッ素コーティング剤を使った離型剤を使うと、型からの取り外しが非常に楽にできるので、おすすめです。

不良品を極力出さないモノづくりに欠かせない離型剤の役割

今は何でもネットショップで購入できる時代ですが、ネットショップでの買い物には、常に一抹の不安が付きまといます。それは、自分が買おうとしている現物の実際の状態を確かめることが出来ないということです。そのため、配達された商品を見て初めて、一部欠けていて使えないとか、ゴム製品に穴が開いているなどの問題に気づくことがままあるわけです。
こうした商品は不良品ということで、交換してもらうことになりますが、実は、製品の製造過程では、このような不良品はいくらでも生み出される可能性があります。それは、ゴムなどを製品の形にする成形過程で、離型剤を使っていない場合、あるいは、性能が低い離型剤を使っている場合です。
ゴムを使って製品を作るには、金型に素材を注入し固まらせてから取り出すという手順を踏みます。ゴムは、そのままでは金型にくっついて、力技で引きはがすと、穴が開いたり、一部壁が薄くなる場合があります。金型にフッ素コーティング剤などを成分として含む離型剤を塗布しておけば、ゴム製品を綺麗に金型から剥がすことが出来、不良品にはなりません。
成形過程で不良品が出た場合、通常はその後の検品ではじかれますが、チェック漏れがあると、そのまま市場に出てしまう場合もあるでしょう。やはり、効果の高い離型剤を使って、成形の段階から不良品を出さないようにするのがベストでしょう。

ゴム製パッキンの正確な形づくりにも離型剤が貢献している

圧力鍋の鍋蓋に使われる部品としてよく知られたゴムパッキンですが、ものによってはかなり精巧な作りをしています。シンプルなものは、鍋蓋の溝にはめ込むだけの丸い形ですが、より密閉性を高めるため、鍋蓋の溝そのものが二重になっているタイプのものもあります。こうしたフタにピッタリはまるゴムパッキンは、成形するのがかなり大変ですが、それも、離型剤のサポートがあれば大丈夫なのです。
ゴム製品の成形は、液状の原材料を型に流し込んでその中で固めるという方法を取るのが一般的です。そのような目的に使用される型を、特に金型と呼んでいます。金型は、他のあらゆる物同様に、接触したものを表面に付着させる性質を持っています。そのため、流し込んだゴム素材も金型に付着し、それが、綺麗な離型の妨げになります。ここで登場するのが、離型剤です。特に、フッ素系離型剤のように、フッ素コーティング剤を成分として含み、金型表面に非粘着性という特殊な性質を付与できるものを使うと、ゴムは難なく金型から剥がれてくれるようになります。
溝の形状が複雑で、そこにピタリとはまるようなゴムパッキンは、成形の難易度が高いですが、フッ素系の離型剤を使えば、難なく成形を成功させることができるでしょう。


もの作りに必要な離型剤の購入なら「フロロテクノロジー」がオススメです!性能が高いものが手に入りますよ!

UPDATE POST

ARTICLE

水の波紋

大量の離型剤を現場で使う場合は不燃性溶剤使用タイプを選ぼう

売れ筋のプラスチック製品やゴム製品を扱っているメーカーなら、成形現場では毎日てんてこまいで製品の形づくりの作業に追われているでしょう。販売予定に合わせて着々と製品を出荷するためには、成形現場での…

MORE
遮光瓶

作業工程のスリム化が出来るフッ素系離型剤の優位性

プラスチック製品などは、最近では、分厚いもの、ごつい形のものは好まれず、薄型、小型、軽量のものがお洒落とされ、より好まれる傾向があります。こうしたタイプの製品は、大型で厚みがあるものよりも成形も…

MORE
刷毛を持った女性

最適な離型剤選択についてフッ素コーティング剤専門メーカーに相談を

離型剤が離型という効果を発揮する原理は、各離型剤の成分によって異なります。フッ素系離型剤の場合は、成分として含まれるフッ素コーティング剤の働きによって離型効果が発揮されます。フッ素系離型剤を使っ…

MORE
半導体

生産プロセスを中断させないために現場で使える離型剤を用意しよう

プラスチック製品などの製造現場で、製品の生産作業を中断することは、そのまま売上ダウンに直結する由々しい事態です。特に、販売されてからある程度の時間が経過してその製品が広く市場に浸透していて、安定…

MORE